酒さ、赤ら顔の治療にステロイド

「ステロイド」という名前の薬がありますが、ほとんどの方は名前を聞いた事があるのではないかと思います。

これは、アトピーや気管支喘息、皮膚炎などの症状が出た時に処方される薬で、かゆみや炎症を抑えるのに非常に効果的であるとされています。

しかしながら、あらゆる疾患に有効的に働きかけてくれる反面、その副作用に関しても長い間議論がなされている薬品でもあります。

もちろん、医師の指示通りに適量を使用する分には基本的には心配する事はありませんが、世間一般的なステロイドに対するイメージが「副作用は大丈夫なのか?」という空気になっている為、中には不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

さて、酒さや赤ら顔はアトピーとは異なる疾患ではあるものの、顔に赤みが出たり炎症が発生したりするなどの類似する点も見受けられます。

では、酒さや赤ら顔の治療においてステロイドは有効なのでしょうか?

 

赤ら顔の症状が出た際にはステロイドが処方される

ステロイドが処方

「酒さ」とは疾患の名前で、赤ら顔が慢性化した場合にこの病気であると診断される事があります。

酒さの治療薬として処方されるのはイオウカンフルローション、タクロリムス軟膏などが一般的で、ステロイドが処方される事はあまりないようです。

しかし、「赤ら顔」という症状が出ている段階では、その赤みが「アトピー」なのか「ニキビ」なのか、それとも「酒さ」なのかの判別が非常に難しい為、炎症を抑える目的でステロイドが処方されるケースは少なくはないようです。

 

ステロイドの副作用「酒さ様皮膚炎」

そこまで強いタイプではないステロイドを適量使用する分には問題はありませんが、赤ら顔の症状がひどい場合には比較的強めのステロイドを処方される場合があります。

これは一時的な効果は抜群で、早い人では数時間で赤みがひく場合もあるのだとか。

しかし、怖いのはここからです。

赤みが一旦ひいて安心したのも束の間、再び赤みがさらにひどくなって襲ってくる事もあるのだそうです。

そして厄介な事に、「赤みがひどくなってステロイドを塗る→さらに赤みがひどくなる」という負のループに陥ってしまう場合も考えられます。

このようにステロイドを不当に長期間に渡って使用する事で発生する疾患を「酒さ様皮膚炎」と呼び、ステロイドの副作用であるとされています。

 

ステロイドの間違った使い方とは?

「第3度」まで進行したら危険

このように、赤ら顔を改善する為にステロイドを使用していたにも関わらず、さらに症状がひどくなったり、最悪の場合には「酒さ様皮膚炎」を引き起こしてしまったりする事も考えられます。

ステロイドを正しく使用しないとこのような事態を引き起こしかねないわけですが、ステロイドの間違った使い方とはどのようなものなのでしょうか?

ステロイドを使用する上で必ず守らなければならないのが、医師の指示に従う事です。

早く症状を改善させたいからと言って塗る量や回数を勝手に増やすような行為はご法度です。

また、ステロイドは、症状が改善するに連れて徐々に使用量を減らし、強さの度数も弱めのものに切り替えていく…というのがセオリーです。

強いステロイドをいつまでも使用する事が改善へ繋がるわけでは決してないという事を理解しておく必要があります。

ステロイドの副作用で赤ら顔が悪化したり酒さ様皮膚炎を発症してしまったりした場合には、ステロイドの使用を完全にストップする事が最優先です。

しかし、突然ステロイドの使用をやめる事によって赤ら顔がとてつもなく悪化する事もあるので、医師の判断によっては、完全に使用をストップするのではなく徐々に量を減らす…という処置がとられる事もあるようです。

いずれにせよ、担当の医師の指示にきちんと従うようにしましょう。

結論として、赤ら顔の治療薬としてステロイドが処方される事はあり得るし、使用方法や用量を厳守する事によって良い効果が見られる事も当然あるものの、間違った方法で使ったり長期にわたって使い続けたりしてしまうと副作用を引き起こす可能性も考えられる、という事になります。

ステロイドは正しく使用をすれば症状が改善される事も多々ありますし、あらゆる疾患に働きかけてくれるという事でなくてはならない薬です。

ただし、使用する場合には必ず医師の指導の元でその指示に従う事を厳守するようにしていきましょう。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。