「酒さ」と「毛細血管拡張症」との違いとは

肌荒れは女性の大敵。

いくらまつエクやネイル、ヘアスタイルがびしっと決まっていたとしても、肌の状態が良くなければその魅力は半減してしまいます。

そのような女性達を悩ませる存在が「酒さ」などの疾患です。

顔などの目立つ部分に発症し、しかも赤みを帯びる為、肌が荒れた状態が他者の目につきやすくなってしまいます。

この「酒さ」に似ているもので「毛細血管拡張症」という疾患が存在し、こちらもまた多くの人々を悩ませているようです。

では、毛細血管拡張症とはどのような症状で酒さとの違いとは何なのでしょうか?

 

毛細血管拡張症の特徴とは

毛細血管拡張症の特徴とは

毛細血管拡張症とは、その時々の気温の状態、あるいは皮膚の薄さが原因で毛細血管が拡張する事によって起こる疾患の事を指します。

あるいは、自律神経の乱れが原因で血管が拡張してしまい、そのまま元の状態に戻る事なく血流が滞っている場合にも適用されます。

肌に炎症が起こっているというわけではないので、その点をしっかりおさえておきましょう。

要するに、酒さとこの毛細血管拡張症との違いは「肌に慢性的な炎症があるのか、ないのか」という点であると言えます。

 

毛細血管拡張症の治療について

毛細血管拡張症の治療にはレーザー治療が用いられる場合が多いようです。

中でも近頃人気があるのが「Vビームレーザー」という治療法。

赤い色素に反応してそれを吸収、破壊してくれる「Vビーム」を使っているので、赤い色素系の病気の治療に効果的であると言われています。

これまでのレーザー治療は「ダイレーザー」を利用するのが一般的でしたが、こちらのVビームの方が波長が長いので、より深い部分にまでレーザー光を到達させる事が可能です。

その為、深部の毛細血管を破壊する事も出来るので、肌の状態をより綺麗に改善させる事が期待されます。

また、マッサージやフォトフェイシャルなど、まるでエステティックサロンのような施術にはなりますが、こちらも効果的であると言われています。

 

自分自身で気を付けるべき事

少しでも早く毛細血管拡張症を改善するには、病院での治療と並行して、自分自身でも日常生活の送り方に気を配る必要があります。

以下の事に特に気を付けると良いと言われています。

  • 自律神経を整える
  • カフェインやアルコール、香辛料などの刺激物を控える
  • 腸内環境を整える
  • 気温差に敏感になる

自分自身で少し意識を高く持つ事によって、治療の成果はぐんと上がります。

まずは、自分の疾患の特徴をきちんと理解した上で治療に専念するようにしていくのが大切なのではないでしょうか。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。