赤ら顔の人は黒髪を避ける

酒さの症状がひどい場合、あるいは初期症状の赤ら顔が気になる場合に頭を抱える悩みの一つが「髪色」です。

顔に赤みを帯びている時には、黒髪のままだと非常に浮いて見えると言いますか、赤ら顔が目立って見えてしまう事が多いと言われています。

しかし、逆に言うと、赤みを目立たなくさせるようなカラーリングを行うのも可能だという事になります。

では、赤ら顔が気になる場合であっても極力肌を綺麗に見せる為には、どのような髪色を選べば良いのでしょうか?
 

赤ら顔の人はなるべく黒髪を避けるべし

酒さ、赤ら顔の場合の髪色

頭でも述べたように、赤ら顔が気になる場合には一般的には黒髪は避けた方が良いと言われています。

赤ら顔の症状が出やすいのは、どちらかと言うと肌の色が白い場合場多いので、髪の色が黒だと肌の方に視線が向きがちで、結果として赤ら顔が目立ってしまう、というメカニズムになってしまうわけです。

 

赤ら顔の人にお勧めの髪色は?

赤ら顔が気になる時の髪の毛のカラーリングのポイントは、なるべく肌の色を目立たせないような色を選ぶ事です。

具体的に何色が良いのかと言うと、まず一番お勧めなのはグリーン系の色にする事です。

グリーンと言っても、何も髪の毛を真緑色にするわけではありません。

グリーンがかかったアッシュ系のカラー、カーキ系のカラーなど、あくまでも茶色や黒をベースとした上でのグリーン系、という意味になります。

肌の色を目立たなくさせるだけでなく、落ち着いた大人の雰囲気を出しながらもどこか可愛らしさも感じさせる、洒落た感じのカラーリングになるので、赤ら顔が気になる場合であってもヘアカラーを前向きに楽しむ事が出来ます。

次にお勧めなのがネイビー系のカラーリングです。

こちらは一見黒髪と見間違えるほど落ち着いた色合いですが、完全な黒ではなく青みがかかっているので非常にミステリアスな雰囲気を醸し出す事が出来ます。

肌の色を綺麗に見せてくれる効果もあるので、赤みを目立たなくしつつ本来の肌の白さを際立ててくれる、何とも嬉しいカラーリングであると言えますね。

 

カラーリングの際は美容院で施術をしてもらうのがお勧め

最近では自宅でも手軽に染髪が出来るようなカラーリング剤が販売されていますが、赤ら顔の方であればなるべく美容院で美容師から施術をしてもらうのをお勧めします。

何故ならば、グリーン系やネイビー系の色は素人が綺麗に染めるにはハードルが高く、自己流では綺麗にカラーが出来ない恐れがあるからです。

また、素人が自分の手で行う場合は、どうしても頭皮や顔に液剤がついてしまう等のリスクに見舞われる確率が高くなります。

酒さや赤ら顔に強い刺激はご法度。

カラー剤がつくなんてとんでもない事です。

そのような危険を回避する為にも、多少費用がかかってもプロの美容師から染髪をしてもらう方が良いと言えるでしょう。

赤ら顔が気になる場合はどうしても気分が落ち込みがちですが、このように髪色を変えたりする事でお洒落を楽しみつつコンプレックスを目立たなくさせる事も可能です。

出来る事はたくさんあるので、ストレスをためすぎる事なく、前向きに毎日を楽しんでいく事が大切なのではないでしょうか。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。