酒さや赤ら顔は遺伝

非常に医学が進歩している現代であっても、未だに原因が解明されていない疾患はたくさんあります。

その中の一つが「酒さ」という病気です。

赤ら顔の症状が出た事のある方は少なくないと思いますが、それが慢性化すると酒さという病名で呼ばれるようになります。

顔という目立つ部分が赤くなるという事で、この症状が出てしまったら一刻も早く改善したいところですよね。

はっきりとした原因は分からないものの、いくつかの原因となり得る要素は当然存在します。

その中で注目されているのが「遺伝(体質)」です。

果たして、酒さが遺伝する事は考えられるのでしょうか?
 

遺伝的要因+環境要因の組み合わせの可能性

酒さの発症におけるメカニズムそれ自体が不明確という事で、遺伝的要素との関連について一概にこうだと決めつける事は出来ませんが、皮膚の疾患の多くは「遺伝的要因+環境要因」の組み合わせから発症していると言われています。

酒さもまた皮膚病の一つなので、これが当てはまる部分も非常に大きいと言えるでしょう。も

っと分かりやすく言うと、酒さの原因としては、遺伝と生活習慣とが半々くらいの割合で関係している、という事になります。

つまりは、例えば両親のいずれかが酒さを患っていたとして、その遺伝的要因を自分が引き継いでいるとしても、必ずしも100%発症するわけではない、という事です。この遺伝的要因に、過度の飲酒やストレス過多、あるいは過度の日焼けなどの環境要因が重なる事によって酒さを発症してしまうというケースの方が多く見られます。

 

環境要因の方を改善する事で酒さの予防を

酒さの予防

遺伝的要因については自分自身の力ではどうする事も出来ませんが、環境要因に関しては自分の意識一つで改善していく事が出来ます。

例えば、紫外線を避ける為に日焼け対策のケアをきちんとする、アルコールはなるべく控えるようにする、ストレスをためないように気を付ける等、出来ることはたくさんありますよね。

遺伝的要因+環境要因の内、環境要因の方だけでも極力回避出来るように努める事で、発症の可能性を低くする事が出来るというわけです。

日本ではまだまだ「酒さ」に関する認識は弱く、どちらかと言うと欧米諸国の方で知名度が高い疾患であると言えます。

白人種に多いという事で遺伝的要因についてのさらなる研究も進められてはいますが、あくまでも環境要因との組み合わせによって引き起こされる疾患であるという事を頭に入れておき、自分自身で予防出来る部分は予防をするようにしていきましょう。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。