酒さや赤ら顔は生理前

生理前のあらゆる症状、いわゆる月経前症候群(PMS)に悩まされている女性は非常に多く存在します。

これらは、生理が始まる1~2週間前から起こる症状で、眠気、頭痛、腹痛、やたらとイライラするなどの不快な状態に陥ってしまいます。

これは排卵の後の女性ホルモンの変化が大きく関係しており、女性にとっては避ける事の出来ない状況でもあります。

上記の例はほんの一部で、他にも様々な症状が女性達に襲いかかります。

また、最近では、「酒さ」や「赤ら顔」の症状が生理前に悪化する事があるのでは?という点にも注目が集まっているようです。

では、実際のところ、酒さや赤ら顔は生理前に悪化してしまうのでしょうか?

 

生理前の黄体ホルモンの活性化が酒さや赤ら顔を悪化させる

生理前には、女性の身体の内部では「黄体ホルモン」というホルモンが大量に分泌されるようになります。

この黄体ホルモンによって皮脂の分泌量もまた増えてしまい、その事によって酒さや赤ら顔の症状が出やすくなったり、悪化したりする事は少なくはないそうです。

皮脂の増量は酒さや赤ら顔にとっては大敵。

生理前の黄体ホルモンの活性化による皮脂の分泌量の増加は、生理の周期などを元に予めある程度予測をする事も可能なので、その時期は特にスキンケアに気を配るようにすると良いでしょう。

 

生理前の冷えにも要注意

また、月経前症候群の悩ましい症状の一つに「冷え」も挙げられます。

この「冷え」もまた、酒さや赤ら顔を悪化させる要因の一つでもあるので、生理前に酒さや赤ら顔の症状がひどくなる場合があるのも納得ですよね。

只でさえ女性は身体が冷えやすいとも言われています。

生理前には特に注意をして、身体を冷やしてしまうような冷たい飲み物をなるべく摂らないようにしたりするなど、少しでも体温を上げるような工夫をすると良いかもしれませんね。

 

生理前のデリケートなお肌にきちんとしたケアを

生理前の女性の肌は只でさえ非常に敏感になっています。

ヘアカラーの色が入りにくかったり、新しく使用するコスメで肌荒れをしてしまったりする、などという事も珍しくありません。

このデリケートな時期をいかにして乗り切るかは、セルフケアにかかっていると言っても過言ではありません。

自宅で出来るケアとしては、シャワーだけでなくきちんと入浴をする、足元を冷やさないようにする、ビタミンEが豊富なナッツ類を積極的に食事に取り入れる、適量の生姜などを積極的に摂る、などが挙げられます。どれも簡単に出来るものばかりなので、ぜひ試してみて下さい。

生理前は、あらゆる月経前症候群の症状に悩まされる期間でもありますし、酒さや赤ら顔が気になる方にとってそれはそれは憂鬱な時期です。

しかし、症状の悪化を事前に防ぐ為のケアをする事は可能なので、意識を高く持ってこの時期を乗り越えるようにしていきましょう。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。