酒さ、赤ら顔を改善する方法とは

どのような症状、疾患であっても、「完治をさせる」という明確な目標がある事によって気持ちも前向きになり、また治療に精を出す事が出来ますよね。

ゴールがあるのとないのとでは、自分自身のモチベーションが全く違ってくるのが人間の心理というものです。

しかしながら、世の中には「完治をさせる」のが難しい疾患もまた数多く存在します。

その中の一つが「酒さ」という皮膚の疾患です。

非常に悩ましい症状でありながら完治が難しいという厄介な「酒さ」ですが、症状を改善させて、完治に近い状態にまで持っていく事は可能です。

では、どのようにして改善をしていけば良いのでしょうか?

 

生活習慣の見直しを徹底しよう

生活習慣の見直し

医師から処方をされた薬などを使って治療を進めていくわけですが、酒さを改善する上で最も大切であると言っても過言ではないのが「生活習慣の見直し」です。

酒さを悪化させる要因の数々は、私達が生活をするすぐ傍らに潜んでいます。

これらを見直す事によって、体質そのものの改善にも繋がるので、酒さの改善には必須のおこないであると言えます。

 

酒さの時には避けるべき食材

私達が生きていく上で欠かせないものの一つが「食」ですが、酒さの症状が出ている時には避けた方が良いものがあるので覚えておくと良いでしょう。

  • アルコール類
  • 香辛料
  • 糖質
  • カフェイン

これらはいずれも嗜好品としても好まれるようなものばかりですが、酒さを患っている場合の皮膚にとっては刺激が強いものばかりで、症状を悪化させる引き金になりかねません。

少量であるならば問題はありませんが、1日に何杯もコーヒーを飲む、限度を超えるようなアルコール量を摂取する、やたらと唐辛子をふりかける、甘いものを暴食するなどの行動に心当たりのある方は、まずはそれをやめる事が大切です。

酒さの患者さんの中には、これらのいずれかに依存的に執着していたという方も少なくはありません。

中毒性のあるものばかりなので完全に断つのは難しいかもしれませんが、量を減らすだけでも酒さの改善に繋がるので、ぜひとも意識をするように心がけましょう。

 

皮脂の増加を防ぐような食生活を

酒さの悪化要因には「皮脂の過剰な分泌」も報告されています。

食事から摂取する脂質と皮脂とは比例関係にあるので、脂質の多い食材を避ける事が大切です。

以下の食材は特に脂質が多いとされているので、なるべく避けるようにしましょう。

  • カップラーメン
  • ポテトチップス
  • チーズ、バター、生クリーム
  • チョコレート
  • 菓子パン、デニッシュパン、クロワッサン
  • 脂身の多い肉類

付き合いの食事会などでどうしてもこれらを取らざるを得ない時には、事前にサラダなどの食物繊維を摂るようにすると良いでしょう。

 

ストレスをためない

人間はストレスを抱えてしまうと血管が収縮してしまいます。

血管が収縮した後はその反動でより大きな拡張が起きてしまい、それは酒さの悪化に繋がります。

ストレスは日常生活の些細な事ですぐに発生してしまう、酒さの大敵です。

例えば、運転中にマナーの悪い車に出くわすとイラッとしてしまいますよね。

これもまたストレスの一種です。

ストレスはため込まずに放出してしまうのが一番です。

些細な事であれば、思い切って口に出して吐き出すとスッキリしますし、重大な事であれば信頼のおける知人に話を聞いてもらったり、カウンセリングを受けたりする事も効果的です。

あるいは、紙に書き出してポイッとゴミ箱に捨ててしまうのも良いのだとか。

とにかく、吐き出すという事が重要なようですね。ストレスをためやすいという方は、ぜひ試してみて下さい。

このように、酒さは完治が難しいとされる疾患ではありますが、医師の指導による適切な治療、そして自分自身で意識をして生活習慣を見直す事で、悪化を防止しながら徐々に改善させていく事は可能です。

「どうせ治らない病気だし」「なんでこんなに辛いのか」とイライラしてしまっては、それがストレスになりさらに酒さを悪化させてしまいかねません。

「改善させていく」とう意識でリラックスをしつつ病気と向き合っていくのが望ましいのではないでしょうか。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。