酒さ、赤ら顔が気になる場合にアルコール

現代社会で働く人々にとって、「お酒」はある時はコミュニケーションの手段の一つとなったり、またある時はストレス解消のツールになり得たりと、非常に役立つ存在であると言っても過言ではありません。

例え仕事で辛い事があったとしても、気の合う仲間達と一緒にお酒の席を共有する事によってとても楽しい気分になれますよね。

しかしながら、アルコールを過剰に摂取する事は身体にとって決して良い事であるとは言えません。

大量飲酒によって引き起こされる疾患としては、肝硬変や脂肪感などの肝臓障害が有名ですが、他にも糖尿病、循環器系の疾患、脳へのダメージなど、色々な身体の異変が起きる可能性があるのです。

このように、摂取する量に気を付ける必要のあるアルコールですが、実は意外な面でも悪影響を及ぼすとされています。

その一つが「酒さ」という疾患や「赤ら顔」の症状です。

これらは皮膚の異常として分類されるわけですが、アルコールがこれらに悪影響を及ぼす理由とは一体何なのでしょうか?

 

アルコールの摂取は血管の拡張に繋がる

「酒さ」という病名は「酒」という漢字が使用されているのでお酒が直接の原因であると捉えられがちですが、そういうわけではありません。

酒さの症状が出ている時には鼻や頬を中心として顔が赤くなってしまいます。

その様子がお酒を飲み過ぎた酔っ払いの顔の様子に酷似している為、このようなネーミングがついたのではないかと言われています。

とは言え、「酒さ」と「アルコール」との間には全く何も関連性がないというわけではありません。

酒さの症状が出ている時にはアルコールの摂取は控えるべきであると言われています。

肝心なその理由ですが、お酒を飲むと全身の血行が活発に促進され、それによって血管が拡張されてしまいます。

この血管の拡張こそが顔の赤みや火照りの原因になるので、酒さの時にアルコールを摂るという事は酒さの病状を悪化させているも同然の行為なのです。

 

分かっちゃいるけど止められない…そんな時は?

普段から飲酒をする習慣がない方であれば、酒さの治療期間だけ禁酒をする事はそう難しい事ではありません。

しかし、普段から飲酒をするのが当たり前である、しかも飲む量が大量である場合には、例え一時的であっても禁酒をするのが非常に困難な場合があります。

そのような方が無理に禁酒を強行すると、お酒が飲めない辛さから仕事が手に付かなくなったりイライラして人に八つ当たりをしたりなどの行動をするようになる事もあります。

そしてそのストレスから、結局はより大量のアルコールを摂取してしまう…という、まさに悪循環になってしまうのだそうです。

このような症状が出た場合には「アルコール依存症」である可能性があります。

酒さの治療に専念する前に、まずはこちらを治すのが先決になります。アルコール依存症の可能性がある場合は、「心療内科」もしくは「精神科」を受診するようにしましょう。

酒さの症状がひどい場合にそれを治療していくのはもちろん大切ですが、それを悪化させる要因になり得るアルコールの摂取を止められないとなると、酒さの治療を進める意味が全くなくなってしまいます。

「もしかしたら自分はアルコール依存症なのでは?」「酒さを治したいのに、そもそも飲酒が止められない…」と感じた場合には、躊躇をせずに思い切って医師の診断を受ける事をお勧めします。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。