酒さ、赤ら顔の症状がひどい時には「塩素」

日本における「水道水」は、海外と比較すると非常に安全であると言われています。

地方の方であれば何の問題もなくそのまま水道水を飲む事が出来る地域も少なくはありませんし、都心部であっても、水道水を一度沸騰させる事によってカルキ臭さを軽減して飲用水に用いる事が可能です。

私達がこのように安全に水道水を使用出来ているのは、供給される水道水が塩素によってきちんと殺菌されているからなのです。

安全な水を確保するには、塩素はなくてはならない存在であると言っても過言ではありません。

しかし、俗に言う「残留塩素」ですが、私達の肌や髪の毛にとってはあまり良いものではないと言われています。

健康な肌の方であればそこまで心配する事はありませんが、肌が炎症を引き起こしているなどのトラブルを抱えている方は不安になってしまいますよね。

肌の炎症と言えば「酒さ」や「赤ら顔」が有名ですが、これらの症状が出ている場合にはやはり塩素はなるべく避けるべきなのでしょうか?

 

残留塩素が人体に与える悪影響とは?

安全な水道水を供給する為の殺菌に使用される塩素ですが、これらが水に働きかける事によって殺菌や微生物の分解などの効果があります。

しかし、それらの工程が終了した後もなお水中にわずかな塩素が残ってしまうのは避けられません。

これを「残留塩素」と呼びます。

この残留塩素ですが、私達の肌のたんぱく質、あるいは髪の毛のキューティクルを酸化して分解してしまう作用があります。これが肌荒れや髪の毛の荒れに繋がるというわけです。

酒さや赤ら顔の症状が出ている時の肌は非常に敏感な状態になっており、些細な刺激を受けるだけでも症状が一気に悪化してしまう恐れがあります。

例えば、顔を洗う際に水道水を使用するという方がほとんどだと思いますが、酒さの肌にはそれさえも負担になるという事です。

このように、残留塩素は酒さの肌にとっては多大な刺激になり得るので、早く症状を改善させたいのであれば避けるようにするのが無難であると言えます。

 

残留塩素を除去する為にはどうしたらいいの?

残留塩素を除去する

では、残留塩素を除去するにはどうすれば良いのでしょうか?最も簡単な方法は、水道の蛇口には浄水器を設置する事、お風呂場のシャワーには、塩素の除去が可能なシャワーヘッドを取り付ける事です。

普段、洗顔や入浴時に使用する水やお湯の残留塩素を手軽に取り去る事が出来ます。

また、ビタミンCやカテキンには塩素を中和する働きがあるので、浄水器を購入するまでのつなぎの期間は水道水にレモンや緑茶を少量入れてから洗顔をする、という方法も効果的です。

ただし、レモンの絞り汁は入れ過ぎると逆に肌への刺激になる場合があるので、あくまでも微量に留めるようにしましょう。

残留塩素は酒さや赤ら顔の肌にとって大敵であるとも言えますが、上記のような方法で簡単に除去する事が出来ます。

毎日行う行為であるからこそ、洗顔時のお水には気を付けたいところ。

面倒くさがらずに、きちんと塩素を取り除いた水で洗顔、入浴をする事によって、酒さや赤ら顔の改善への道はぐっと近くなるかもしれません。

 

ライン

赤ら顔化粧品

厳選!赤ら顔ケア化粧品3選

メイクしても顔の赤みが隠せない、頬や鼻、顎まで赤い、赤みを隠す為にマスクをするのはもう嫌。このような悩みはありませんか?当サイトが推奨する赤ら顔ケア化粧品は敏感肌やアトピーや二キビなどの肌質でも安心して使える物のみを紹介しています。正しい化粧品を選び肌に自身を。おすすめ化粧品3選はこちらです。